• mdsmikawa

線虫がスゴい

Updated: Apr 28, 2021

いよいよオリンピックまで100日を切りました。池江璃花子選手は凄いですね。難病を乗り越え、もう一度代表の座を自らの手で勝ち取る。彼女だけじゃなく、人生を賭けたアスリート達のためにも、何の憂いもないオリンピック大会にならないもんですかね…。


今日は最新の医療に関するお話し。

コロナ禍において、ガン検診の受診率が極端に下がっているそうです。ガン治療に1番有効なのは早期発見に尽きる、と言う事で様々な検査方法が確立されていますが、一般的なX線検査、胃カメラ等の内視鏡検査や、マンモグラフィーによる乳ガン検査、受けた事ある方も多いですよね?


その他に数年前に脚光を浴びた「PET/CT検査」は直径1センチ以下のガンも発見出来ると話題になりました。ガンは1センチを超えてから急激に増殖を始める為、ステージ0や1の早期発見が可能と言う事です。問題は検査費用が10万円以上かかる事と、放射線造影剤を全身に行き渡らせる為、倦怠感等の身体的負担を伴う事。


一般に精度の高い検査は費用も高額で、これが受診率アップの妨げになっているそうです。


ところが2021年1月より、これらを覆す画期的なガン検査方法がデビューしました。その名もガン線虫検査「N-NOSE」。被験者の尿一滴で検査が可能で、86%の前身のガンが検知出来て、費用も1万円以下で出来ると言う優れ物。スクリーニング検査により全身のどこかにガンがある確率が高い人だけが、専門性の高い検査を受ければよいから、ガンは早期発見が容易な病気に劇的変わる可能性があります。


早期発見出来ると言う事は、ガン患者は大量に増えるけど、サバイバー(ガンが治って普通の暮らしを取り戻す人)も大量に増えると言う事になります。また、再発患者も増えます。長寿化において、ガンは何度もかかるのが当たり前の時代になりそうですね。


生命保険の「ガン診断一時金」は期間中(生涯で)1回しか貰えないものと、複数回貰えるものがあります。豊かな老後を憂いなく過ごす為に、一度加入内容を確認しておいた方がいいですよ。

3 views0 comments

Recent Posts

See All